鉄道模型 Gゲージ 「LGB」 庭鉄道

鉄道模型 Gゲージ 「LGB」 庭鉄道

鉄道模型。 Gゲージ。 Gゲージは、 鉄道模型の縮尺と軌間を示す規格呼称のひとつ。 西ドイツ (当時) のレーマンが、 1968年にヨーロッパのナローゲージで主流の1mゲージを軌間45mm、 縮尺1/22.5で売り出した。 大きな模型が室内の小さなスペースで楽しめ、 しかも必要とあらば庭園鉄道として使用できるよう十分な耐候性を持たせた線路部品が用意されていたので、 大型模型のシェアを大きく広げるヒット商品となった。

なお、近年は拡大傾向にあり、 ドイツのBRAWAからもIImで製品が供給されている。 PIKOはレール、車両も含めて参入している。 日本において現在一般に入手できるGゲージの完成品は日本国外から輸入される外国製品のみであり、 車両も外国型で楽しむこととなる。 一方日本型の車両を改造・自作する愛好者も存在する。

https://www.youtube.com/watch?v=Vls-J3VbDKk